人間ドックのご案内

受診者さんの「権利と責務」と「権利を尊重する方策」

受診者さんの権利と責務

受診者さんは、人間としての尊厳を保持しつつ、最善の健診を受ける権利を持ち、同時に健診に対し主体的に参加することが求められます。
受診者さんと医療従事者は相互の信頼関係に基づき、最も適切な健診を相互協力して作り上げていくものであります。

  • 受診者さんは、どのような場合でも、適切で良質な健診を公平に受けることができます。
  • 受診者さんは、一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療従事者との相互の協力のもとに健診を受けることができます。
  • 受診者さんは、検査、病気の発見、精密検査、予防、治療について、医療提供者によるわかりやすい言葉や方法で、納得ができるまで十分な説明を受けることができます。
  • 受診者さんは十分な説明と情報提供を受けた上で、精密検査など自らの意思で選択・決定することができます。
  • 受診者さんは、自分の健診記録の開示を求めることができます。
  • 受診者さんは、検診の過程で提供される個人情報の秘密を厳正に保護される権利があります。

受診者さんの権利を尊重する方策

  1. 健診当日、医師による検査結果の説明を行います。
  2. 検査結果説明後、保健師、看護師による保健指導や健康相談を行います。
  3. 受診者さんよりご依頼があれば、カルテの閲覧ができます。また、画像データをCDに複写し、有料で受診者さんにお渡しすることも可能です。
  4. 受診者さんの健診内容や、結果についてのご相談は随時、医師や保健師、看護師が対応いたします。
pagetop
pagetop