診療科のご案内

肝臓内科

特徴

 肝臓の病気を専門にする科です。薬物療法を中心とした日常の管理、肝臓がんの早期発見などに努めています。またインターフェロン療法もおこなっています。

 特に高度な治療が必要な場合には、主に信州大学と連携をとり、紹介させていただきます。

診療内容

脳神経外科の対象疾患

 おもな対象疾患には以下のものがあります。

  • 急性・慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 肝臓がん
  • 代謝性肝疾患
  • 薬剤性肝障害
  • 脂肪肝
  • その他

医師紹介

橋倉 泰彦(はしくら やすひこ)

No Image

患者さんへのメッセージ

 ウイルス性肝炎に対する治療は近年長足の進歩を遂げています。新薬の開発がしのぎを削り、治らない病気から脱却する出口が見えはじめています。また肝炎ウイルスは肝硬変、肝がんの危険因子ですが、逆に考えると定期的な検査を行えば、これらの命を脅かす病気についての早期発見が可能となります。
 また院内では医学教育も担当しております。「シミュレーション医学教育」をはじめとする新しい研修手法を紹介しながら、病院職員の研修体制の充実に、さらには市民の皆様の日常生活にもお役にたてれば幸いです。

専門分野 肝臓病
医学教育
取得資格 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
所属学会 日本消化器病学会甲信越地方会評議員
国際移植学会会員
pagetop
pagetop