診療科のご案内

眼科

特徴

眼科一般診療を行っています。白内障の手術治療、緑内障の点眼治療、糖尿病網膜症の検査、治療などを行っています。

診療内容

白内障手術の際は、光学的眼軸長測定装置(OA-2000)を使用して眼軸長を正確に測定し、手術後の屈折値の誤差(近視や遠視が強く出る事)が少なくなる様にし、また乱視の強い場合は、乱視用の眼内レンズを使用して、見やすくなる様に心がけています。

網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性に対しては、光干渉断層計(OCT-2000)で診断し、抗VEGF(血管内皮増殖因子)治療として、アイリーア®、ルセンティス®の硝子体内注射を行っています。

斜視・弱視に対しては、視能訓練士が複数勤務し、検査や訓練を行っています。

外来機器

光干渉断層計(OCT-2000)、光学的眼軸長測定装置(OA-2000)、光凝固装置、YAGレーザー、ABモードエコー、非接触眼圧計、角膜内皮測定装置、自動視野計(740i)、シノプトフォア、ヘスチャート、アノマロスコープ、など揃っています。

(角膜形状測定、網膜電図(ERG)、涙道内視鏡検査、は他院に紹介しています)

光学的眼軸長測定装置(OA-2000)
光学的眼軸長測定装置(OA-2000)
光干渉断層計(OCT-2000)
光干渉断層計(OCT-2000)
角膜内皮測定装置
角膜内皮測定装置
室内

診療実績

手術実績(1〜12月)

平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
白内障手術 478件 509件 456件 475件
抗VEFG硝子体内注射 88件 111件 114件 102件
下眼瞼内反症手術 10件 3件 10件 5件
結膜弛緩症手術 9件 18件 2件 6件
全身麻酔斜視手術 2件 3件 0件 2件

白内障手術は約半数の方が日帰り入院(午前入院、午後手術、夕方退院)で、残りの半数が1泊2日入院で行っています。

(眼瞼下垂は当院形成外科へ、網膜剥離手術、硝子体手術、緑内障手術、角膜移植手術、光線力学的療法(PDT)は、他院に紹介しています)

医師紹介

野原 雅彦(のはら まさひこ)

野原 雅彦

患者さんへのメッセージ

3歳児健診の視機能検査(眼科検診)に積極的に参加しています。
第79回信毎健康フォーラム(平成26年9月27日)で、白内障の講演をさせていただきました。
当院治験部門と協力の上、緑内障を中心に治験に対し積極的に取り組んでいます。

専門分野 眼科一般、白内障手術
取得資格 医学博士
眼科専門医
信州大学委嘱講師
所属学会
pagetop
pagetop