病院のご案内

看護部

看護部

看護部長 嶋田 廣子

看護部長当院は、地域の皆さまと共に歩んでいます。
地域の皆さまが体調を崩されても来院されたら「ホッ」と安心できる病院でありたいと思います。
医療がどんなに高度化し、複雑になっても患者さんのことを思う気持ちを大切に、そしてまたスタッフが充分に自分の力を発揮できるように努力しています。皆さまの笑顔のため、私たち自身が笑顔で生き生き働くため、ぬくもりの感じられる病院を目指しています。

理念

ひとりひとりを大切にした心のこもった看護・介護の実践を通して、地域の皆さまを支えます

基本方針

  1. 患者さんの意思を尊重し、寄り添い、支える看護・介護を提供します
  2. 知識と技術の研鑽に努め、看護・介護の質向上を図ります
  3. 組織の一員として、看護・介護実践を通して病院経営に貢献します
  4. 地域との連携を深め、退院後の療養や地域での生活を見据えた看護・介護を提供します

看護部の教育

看護部丸子中央病院は、地域の基幹病院として、安全・安心で質の高い医療を提供し、地域のみなさんの健康保持に努めています。また、一般病棟から医療療養型病棟、介護療養型病棟、訪問看護ステーション、在宅支援まで患者さんの状態に応じた看護が提供できるのも当院の特徴です。

看護部は、笑顔で生き生きと働き続けられる職場づくり、そして医療技術だけではなく、心のつながり・地域のつながりを通して人として成長できる職場づくりを大切にしています。
患者さんの思いを尊重し、思いやりとあたたかみのある看護に努めると共に、安全で安心な看護を提供するために、新人研修・職場復帰研修・キャリアアップをサポートし、地域医療を支える人材を一歩一歩着実に育てていきます。
看護という仕事に誇りを持ち、そして楽しく看護を行って行きましょう。
私たちは、看護専門職として「なりたい自分」を目指すみなさんを応援します。

私たちの活躍の場

3階病棟(一般病棟・内科系)


一般内科(急性期・慢性期)、人工透析の混合病棟です。
疾患としては肺炎・心不全・糖尿病・癌・膵炎・腎不全などの患者さんが多く入院されています。
高齢の方が多く、日常生活全般においての老年期看護が必要となります。
老年期の特徴を踏まえそれぞれの症状に応じた治療の補助や日常生活援助を通して、
患者の身体的・精神的・社会的ケアを行っています。地域の救急患者の受け入れを行っています。
日々多忙ではありますが、笑顔を絶やさずがんばっています。

4階病棟(一般病棟・外科系)


外科、整形外科、脳神経外科、内科の混合病棟で様々な病気の患者さんが入院されています。
病棟には看護師の他、医師・介護士・病棟薬剤師・病棟クラークがいます。緊急入院も多く
毎日忙しい病棟ですが、それぞれの職種が専門性を発揮しお互い情報交換をしながら、
患者さんが安心して入院生活を送れるように努力をしています。また、いつも笑顔でいる
ことを心掛けています。特に手術を受けられる患者さんには、安心して手術に臨めるよう
にし、術後は早期に生活の場に帰っていかれるように支援を行っていきたいと思います。

5階病棟(地域包括ケア病棟)


患者さんの入棟から退院まで1人の看護師が継続して受け持ちます。できるだけ患者さんの
意向に寄り添いながら、ご家族も含め安心し、自信をもって退院できるように支援しています。
医師を含めた多職種の病院スタッフ、訪問看護師、訪問リハビリ等が集まって
カンファレンスを行い、個人に合った自立支援、退院後のサービス調整を
行っています。また機能訓練を兼ねたレクリエーションで入院生活に
彩を添えています。

6階病棟(医療療養病棟)


最近は、難病や気管切開をされた患者さんも多くなり、医療依存度の高い患者さんが
増えてきました。また介護度の高い患者さんも9割いらっしゃいます。
忙しい毎日ですが、看護職も介護職も情報共有をきちんと行い、患者さんや家族の
皆さんの思いに寄り添えるように努力しています。季節に応じたレクリエーション
なども企画しています。職員の年齢もさまざまですがみんなで協力して頑張っています。

7階・8階(介護医療院 ケアあおぞら)


「ケアあおぞら」は治療が終わり、症状が安定いたものの療養が必要な方に対して、
医学的管理の下、看護・介護が受けられる介護保険施設です。
入所する皆さまからの個々の状況に応じて、生活動作に機能訓練やレクリエーション
を取り入れながら自立した生活が送れるように支援しております。
また、体力の回復を図りながら在宅復帰への支援や、他施設への入所のお手伝いも、
介護支援専門員を中心に多職種で連携を取りながら行っています。
【介護の仕事】
主に食事・排泄・入浴などの日常動作の支援を行っています。
国家資格を有する介護福祉士が多く活躍しており、介護の専門性を活かして
利用者個人の身体的状況、精神的状況、さまざまな状態を考え、「個別ケア」を
行っています。そして、私たち介護職員は、ご利用者さん一人一人がしあわせに
なれるケアを目指して日々奮闘しています。

外来


外来の看護師は主に医師の診察介助、中央処置室での点滴、注射、採血、検査の説明や、
救急車対応、入院の際の病棟看護師との連絡報告、夜勤などを行っています。
外来は病院の一番の顔となり、真っ先に患者さんが関わるところです。患者さんの目線にたち
スムーズに検査、診察を受けられるように的確に流れを把握して対応することが必要となります。
また、多職種の職員と関わりがあるため、職員同士の理解も必要となります。
確認、協力、声かけを目標に掲げ助けあいながら業務を行っています。

手術室


私たちは看護部理念のもと、患者さんの思いを大切にしています。入院患者さんすべてに
術前訪問を行い、術後訪問にも伺って看護に活かしています。また、患者さんの安全を
第一に医療安全にも力を入れ、「チームスマイル」をテーマに医師やコメディカルと、
笑顔で楽しく仕事しています。

透析センター


患者さんが安全に透析を受けていただけるようひびの業務に取り組んでいます。明るく
設備も充実している中で医師・臨床工学技士・看護師がチーム一丸となり患者さんに
とってより良い治療環境を整えています。患者さんの家庭状況や、仕事などの都合に
合わせ透析スケジュールを組んでいます。患者さんとは生涯にわたるお付き合いと
なります。食事・水分制限や透析時間の確保など多くの制約を受けながらも
前向きで元気な毎日を過ごしていただけるよう支援しています。

消化器病センター


当院の消化器病センターでは消化器内視鏡検査、治療、気管支鏡検査を行い
緊急にも対応しています。内視鏡検査、治療の件数も年々増加の傾向にあるため
質の高い検査、治療が提供できるように知識や技術の向上に努めています。
消化器内視鏡技師は3名在中しています。内視鏡検査は「苦しい」「怖い」と
思われている方が多いと思いますが、不安や緊張を和らげリラックスできる環境を整えて
安心、安楽に内視鏡検査、治療を受けていただけるように医師、看護師スタッフ一同心がけています。

そよ風訪問看護ステーション


*写真:趣味のハーモニカがいきがいのMさん、娘さんと二人三脚で生活されているSさん

訪問看護とは、看護師が直接ご自宅にお伺いして看護ケアを提供します。
在宅医療には欠かせない存在で、医師や関係機関との連携をはかり、入浴ケア等の直接的な
援助から、療養上のアドバイスまで専門的な知識をもとにご自宅での療養生活を支援します。
そよ風訪問看護ステーションでは、病気や障がいがあり生活に不安があっても、誰もが
その人らしく住み慣れたご自宅で暮らしているような豊かな地域づくりを目指し、
「正確・迅速・丁寧」を心がけています。

丸子中央病院 デイケア


現在、デイケアには看護師、介護福祉士、介護士が皆さまのサービスに関わっています。
主な業務は在宅生活に必要なリハビリや、在宅では大変と思われる入浴介助、
排泄介助や、食事介助を行っています。
ご利用者さんの笑顔のおため、介護者のみなさんの介護負担の軽減のために
一緒に働いてみませんか。

取り組み内容など

看護師募集の特設サイトにて研修体制や先輩紹介などを掲載しています。こちらもご覧ください。
★インターンシップ・見学随時受付中! お気軽にお問合せください。
看護師募集特設サイト(別ウィンドウで開きます。)

【お問合せ】0268-42-1111(代)

※看護部をお呼び出しください。

pagetop
pagetop