病院からのお知らせ

【7/30開催!】市民公開講座「アトピー性皮膚炎 / 乾癬(かんせん)」

投稿日時:2022/06/24


4月に開設した皮膚科の松倉節子医師と横浜市立大学医学部 皮膚科学教室 主任教授の山口由衣医師による、2本立てのオンライン市民公開講座を開催します!テーマは「アトピー性皮膚炎 / 乾癬(かんせん)」。ぜひ下記よりお申し込みください。

開催日

2022年7月30日(土)14:00~15:00
(Web会議ツールZOOMを使ったオンライン開催です)

テーマ

第一部(30分)

アトピー性皮膚炎を正しく知ろう!
~基本の治療と「新しい治療薬」~

アトピー性皮膚炎の基本的な治療は、外用療法とスキンケアです。ステロイド外用薬を中心に皮膚の炎症を抑え、湿疹の改善、痒みの軽減、バリア機能の回復を目指します。しかし、適切な外用治療や悪化対策をしても改善しないアトピー性皮膚炎には、現在、複数の新しい治療薬が出てきました。発売4年経過の注射薬は多くの患者さんに使用され安全性も高い評価を得ています。内服薬は短期で効果の高いお薬が複数出ました。アトピー性皮膚炎治療の基本についてお話するとともに、これら新しいお薬の適応、効果、副作用などについて解説します。

松倉 節子 医師

丸子中央病院 皮膚科部長
横浜市立大学皮膚科 客員准教授


第二部(30分)

もっと知ろう! 乾癬(かんせん)
~乾癬と「メタボ」のつながり~

乾癬という病名をご存知ですか? 乾いた皮膚の粉がポロポロと落ちやすく、赤くなったり、痒かったり、患者さんを悩ませるとても厄介な皮膚の病気です。乾癬は決してうつらない免疫の病気ですが、皮膚だけでなく、メタボや関節の痛みとも関連があるようです。このセミナーでは、乾癬のことを分かりやすく説明するだけではなく、メタボや関節の痛みとの関連についてもお話します。

山口 由衣 医師

横浜市立大学医学部 皮膚科学教室 主任教授


お申し込み

申込フォームはこちら

【確認事項】

  • ご参加される方は、予めスマートフォン・タブレット・パソコンにZoom(Web会議ツール)のインストールが必要です。詳しくはこちら(Zoom公式サイト)をご覧ください。
  • 定員に達しましたら、申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。
  • アプリ等のインストール、操作方法については当院ではお答えしかねますので予めご了承ください。

定員に達した場合 / テレビで見たい場合

  • 後日、録画ビデオを丸子中央病院YouTubeにて配信いたします。配信の際は病院ホームページにてご案内いたします。丸子中央病院YouTubeチャンネル
  • 丸子テレビ放送様にご協力いただき、後日丸子テレビでも放送します。
本件に関するお問い合わせ
丸子中央病院 経営企画課 0268-42-1136(月~金 9:00~17:30 祝日除く)
pagetop
pagetop